お肌が弱く、紫外線の影響を受けやすい赤ちゃんには、ベビー用日焼け止めで日焼け対策をしましょう。

一般に、紫外線散乱剤と紫外線吸収剤という2種類の成分により、日焼け止めクリームは生成されています。

「日焼け」というイメージは、人により様々だと思いますが、人の皮膚にはよくないことも少なからずあります。

日焼けの原因は紫外線ですが、紫外線は日焼けを作る一部分でしかありません。

日焼けとは紫外線を皮膚に浴びることにより、皮膚が赤く炎症を起こす症状のことをいいます。