日焼けの原因は紫外線ですが、紫外線は日焼けを作る一部分でしかありません。

日焼けの原因は紫外線だけでない

皮膚に紫外線が当たることで、うるおい宣言や、皮膚の基底層にあるメラニン細胞が刺激されると、メラニン色素が生まれて日焼けが起きてしまうというしくみなのです。

メラニン色素とは、日焼けだけでなくシミやそばかすも発生させるのです。

紫外線の種類には代表的なものに2つありUVBとUVAと呼ばれています。

UVBは、皮膚に赤い日焼けをさせ、UVAは皮膚に黒い日焼けをさせます。紫外線は普通の生活の中で日焼けをする原因を作っているといえます。

 

紫外線を保護するには

この紫外線から肌を保護するために、外へ出るときは日焼け止めのクリームなどを忘れないようにしましょう。

日焼け止めクリームを塗るときに肌が白っぽくなってしまうのを気にして、薄く塗る人が多いようです。

しかし薄く塗りすぎるとどうしてもはげやすくなり、他の化粧と一緒に落ちたり、汗をふいたときなどに完全になくなってしまうこともあります。

こんな塗り方では日焼け止めという効果は発揮できません。

日焼けをしないためなのですから、やはりクリームはしっかり塗り、さらに2,3時間おきに塗りなおすようにすれば、日焼けを防止するのに効果は絶大です。

外出先でもすぐぬれるように、日焼け止めクリームはいつも携帯するようにしましょう。

 

日焼けを防ぐ、CharmZone ナチュラルスキンエード ミネラルBB

メイクの上から使えるので化粧直しにも便利、化粧崩れ防止できます。

パウダー状なのでべたつかずサラッとした感触で、お顔はもちろん、首、デコルテ、腕、脚などにも使えるパウダータイプで専用のクレンジングなしでも簡単に落とせます。

ソフトワックス(ミツロウ)と硬い素材でカールをキープするハードワックス(カルナウバロウ)により、まつ毛のボリュームとカールが長持ち 。

光の反射率が高い6種類の宝石成分(パール、アメジスト末、ルビー末、トルマリン、コハク、ネフライト末)配合で、艶のある印象的なまつ毛を演出します。

まつ毛に潤いを与える保湿成分の高分子・中分子・低分子ヒアルロンや、12種類の植物由来成分(※2)を配合。また加水分解コラーゲン、パンテノールがハリ・コシのあるまつ毛に導きます。

汗・水・涙に強く、落ちにくいウォータープルーフタイプです。

 

チャームゾーン BB 使い方

ブラシをまつ毛の根元で数秒キープし、毛先に向かって左右に動かしながら持ち上げるように適量を塗布します

下まつ毛、目尻、目頭はブラシの先端を使い、丁寧に仕上げます

 

お肌が弱く、紫外線の影響を受けやすい赤ちゃんには、ベビー用日焼け止めで日焼け対策をしましょう。

一般に、紫外線散乱剤と紫外線吸収剤という2種類の成分により、日焼け止めクリームは生成されています。

「日焼け」というイメージは、人により様々だと思いますが、人の皮膚にはよくないことも少なからずあります。

日焼けの原因は紫外線ですが、紫外線は日焼けを作る一部分でしかありません。

日焼けとは紫外線を皮膚に浴びることにより、皮膚が赤く炎症を起こす症状のことをいいます。